フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残存の墜落機体を公開へ 日航ジャンボ機事故

20060127-00000238-kyodo-soci-thum-000.jpg
羽田空港の整備地区で保存されている事故機の圧力隔壁=95年7月

日航の新町敏行社長は27日の記者会見で、1985年のジャンボ機墜落事故の残存機体を保存、展示する「安全啓発センター」を4月下旬、羽田空港の整備地区に設置し、一般にも公開することを明らかにした。
 日航によると、センターは整備地区のビルの一角、約700平方メートルを予定している。事故原因とされる後部圧力隔壁や、ボイスレコーダー、主翼の一部など残存機体30数点を展示。日航以外も含めた過去の事故について、写真や当時の報道記事などの資料も同時に展示する。
 関心のある人は誰でも見学、撮影できるが、事前の予約が必要になる見通し。担当者を3人配置し、資料の管理や解説をする。
 現在は後部圧力隔壁など数点を原則社内向けに展示しているだけだが、安全問題らの専門家でつくる第三者機関「安全アドバイザリーグループ」が昨年12月、展示施設を造り一般公開するよう提言していた。
(共同通信)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/924-cbabb6e8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。