フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はやぶさ、小惑星着陸時の運用室の模様ネット中継

探査機「はやぶさ」が小惑星「イトカワ」への着陸に挑む20日未明から朝にかけて、宇宙航空研究開発機構は、神奈川県相模原市にある探査機運用室の模様を、インターネットで生中継する。

 運用室内の映像とともに、探査機の状態を伝える日本語と英語による説明文も同時に掲載される。小惑星への着陸・岩石採取は世界初の試みだけに、内外の研究者や天文ファンの注目を集めそうだ。

 運用室の映像が中継されるのは、20日午前2~9時で、アドレスは、http://jaxa.tv/

 19日夜から降下に入る「はやぶさ」は、20日午前6時ごろ地上約40メートルに達し、88万人の名前を刻んだ金属球「ターゲットマーカー」を着地点に向けて投下する。このマーカーをカメラでとらえ、レーザーで距離を測りながら約5分間、自律航行して着地する。

 着地と同時に、機体から伸びたメガホンのような採取装置で、地表の岩石や砂ぼこりを取り込み、すぐに上昇する。成功すれば、来月、地球への帰途につき、砂ぼこりを収めたカプセルが2007年6月ごろ帰還することになっている。

 「はやぶさ」は、姿勢制御装置3台のうち2台が故障しており、微妙な操作が難しい状態。同機構は「着地の直前で引き返し、再挑戦する可能性もある」としており、緊張感が高まっている。
(読売新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/838-7a33b825

はやぶさ実況中継中
19日夜~20日朝にかけて、日本の小惑星探査機はやぶさが、小惑星イトカワの地表に降下、着陸、サンプル回収を行います!このページでは、分かりやすい解説をまじえながら、その様子を実況中継していきます。なお、現在(19日19時~20日29時)「はやぶさ着陸応援企画」実施中

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。