フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸空港、新たに割引制度 着陸料最大8分の1に

二〇〇六年二月十六日に開港する神戸空港の着陸料や停留料について、神戸市は十五日、沖縄便の着陸料を最大八分の一まで引き下げるなど、新たに五種の減免制度を導入することを明らかにした。大幅な割引効果で地方路線や早朝便を拡大し、空港の魅力アップを図るのが狙い。十六日、国土交通省に届け出る。

 新たな着陸料の減免は、東京以外の地方路線で毎日最初に着陸する航空各社の便や、神戸空港に夜間六時間以上駐機させて朝から運行するナイトステイ便の着陸料を、それぞれ半額とした。沖縄や将来の就航が期待される離島便はジェット機を六分の一、プロペラ機は八分の一に設定した。また、ナイトステイの停留料をすべて半額とする。沖縄便対象が〇六年度末、他は〇八年度末までなど時限的措置。

 同市は今年三月に定めた条例で、着陸料は国告示料金の三分の二、停留料は告示通りとした。しかし、航空各社からの要望が強く、減免について協議を続けていた。開港後の主流になる中型機でみると、告示料金の着陸料は一回二十万九千七百円、停留料は同一万百四十円。全体の収支への影響は今後、精査する。同市によると、他の地方空港でも同様の割引を実施しているという。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/814-2eb0ac78

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。