フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAとコードシェア、06年度は36%増収へ

スカイネット中期計画、07年度中に新路線も

スカイネットアジア航空(SNA)は7日、ANAとの提携の深化を柱とした中期3カ年計画(2005年11月~2007年度)を発表した。
 それによると、同社はANAとの提携を更に進めることで収益率の改善に努める方針だ。具体的には、まずANAの予約システムである“able”を導入し、来年2月から予約開始、4月からサービスを開始する。これによって、一般の旅客利便性が高まるほか、代理店店数も現状の約450社から約800社、6000台へ拡大、決済の多様化により売上げが増加すると見ている。また、空港でのハンドリング業務や収入管理業務等の効率化も図れる見通しだ。ableは現在のSNAの藤原民雄社長が在籍していた北海道国際航空でも既に導入されており、ANAとの提携でADOの収支に最もプラスに働いた施策の一つと言われているだけに、これが販売力強化における大きな柱となりそうだ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/783-9f1122ac

07年度中に新路線開設 SNA再建計画、全日空と共同運航
宮崎日日新聞社サイトより 07年度中に新路線開設 SNA再建計画、全日空と共同運航 産業再生機構の支援を受けて経営再建中のスカイネットアジア航空(SNA、宮崎市、藤原民雄社長)は七日、来年四月から全日空(ANA)とコードシェア(共同運航)すると発表した。

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。