フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<JAL>600億円の安全投資を実施 再生計画を発表

日本航空(JAL)は7日、社員の基本賃金の平均10%カットや、06~10年度に約600億円の安全関連の投資を行うことを柱にした経営再生計画「JALグループ企業改革方針」を正式発表した。運航トラブルによる乗客離れで06年3月期は約320億円の収入減になる見通しで、再生には経費削減と信頼回復が急務と判断した。
 安全関連の投資として、予備エンジンの購入を積極的に進めたり、新型大型機の整備施設を成田空港に設置。整備関連人員の採用を増やす。
 経営基盤強化策では、役員報酬の返上幅を23~40%(現行20~35%)に拡大。社員の基本賃金を06年1月~08年3月末まで平均10%カットすることを組合に申し入れた。
 さらに、赤字の国際線で自主運航便を減らし、収益が見込める中国路線にシフトする。また、大型機から中、小型機への切り替えも進め、燃料費負担を減らす。
 05年9月中間連結決算の最終損益は120億円の赤字に陥ったが、今回の計画で07年3月期の黒字化を目指す。会見した新町敏行社長は「信頼を裏切ったことが収入減に表れた。信頼回復こそが再生の第一歩だ」と述べた。(毎日新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/778-efc895cb

コメント

私は
役員報酬などをカットするのは良いのですが、一番カットすべきなのはパイロットの給料だと思います。

たぶん世界的に見れば標準的なものかもしれませんが、航空会社の他職種に比べて非常に高額です。

まずはここを何とかすべきだと思いますね。

安全対策にお金を使うのは良いことだと思います。でも信用が落ちたから安全対策にお金を使うのでは後手に回っていますね。寡占状態の企業だからこそ出来る対策ですね。
こんばんわ~コメントありがとです○┓ペコ
う~ん 微妙ですよね・・・私はその辺なんとも言えないです・・・彼を見てると
命がけで飛んで、何百人もの命預かって、精神的にも大変で、時間も不規則で・・・だから給料が高額なんだなぁ~と納得できる部分もあります。かといってJALのようにトラブルが続くと信用問題にもなりますよね・・・。難しい問題です。
それは
管制官は命を預かっていないわけではないし、整備員にも失礼な話になってしまいます。

全てのスタッフが力を合わせて共同作業していると思えばなぜパイロットだけが?という気持ちにはなります。

 もしこれが諸外国にあわせてというのならどうしようもないとは思いますが。

 すいません。これにこだわるつもりはないので、これくらいにしておきます。

 荒らしているわけでないですが、不快に思われたらすいません。
こんばんわ~コメントありがとうございます。さいごうさんがコメントしてくれた事もよく理解できます。みんなの協力があって飛行機が飛び安全があるわけで・・・ごめんなさいね少し個人的な感情が入ってしまったのかもしれません。最近いろいろ悩んでるので(;´▽`A``
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。