フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦載機の使用可能に 普天間移設の日米合意案

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日米両政府が合意した移設先を名護市のキャンプ・シュワブのある辺野古崎とする案は、米側の要求を受け入れ、施設を議論の前提だった全長千五百メートルから千七百二十メートルにまで延長する内容であることが、二十六日分かった。この沿岸案では空母艦載機が離着陸できる滑走路を建設できることになり、「ヘリポートをつくる」としてきた防衛庁の説明と食い違う可能性が出てきた。

 日米で合意した沿岸案はシュワブの兵舎地区を横断し、入りきれない両端が海に突き出す形状となり、滑走路の北東部に広大な駐機場エリアができる。兵舎の二割を移転させ、海にかかる部分は埋め立てか、くい打ち方式で建設する。

 日本側が提示した案を米側が受け入れた。その代わり、米側は施設を延長して全長千七百二十メートルとすることを要求し、日本側が了承した。

 この施設では千五百メートルの滑走路が建設可能となり、空母艦載機のFA18戦闘攻撃機をはじめ固定翼機が離着陸できる。在日米軍筋は「十分な長さとはいえない」としているが、緊急時の使用には問題ないという。

 この規模は、辺野古沖を埋め立てる現行計画の軍民共用空港(全長二千五百メートル、滑走路二千メートル)より短いものの、沖縄の基地負担の軽減を目指した一九九六年の沖縄特別行動委員会(SACO)で日米合意した海上代替施設の全長千五百メートル、滑走路千三百メートルより長い。

 SACOではKC130空中給油機を岩国基地(山口)に移し、代替施設は「他の基地から来る固定翼機が使用することのないヘリポート」になるはずだった。米軍再編協議ではSACOの精神を生かし、全長千五百メートルの施設を前提に複数案を議論していたが、最後の最後になって基地機能の強化が前面に出た。沿岸案は集落やリゾートホテルに近く、ヘリコプターに加えて固定翼機が離着陸するようになれば、墜落の危険と騒音被害が増すことになる。(中日新聞)

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/711-79f5e0ae

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。