フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設 日米協議、大詰めの調整

20051025-00000018-maip-pol-view-000.jpg

移設先をめぐって日米が対立している普天間飛行場=沖縄県宜野湾市で24日、本社ヘリから上入来尚写す(毎日新聞)17時15分更新

日米両政府は25日午前、在日米軍再編に関する外務・防衛審議官級協議を24日に続き東京都内で開き、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先をめぐる大詰めの調整を進めた。
 同県名護市のキャンプ・シュワブ南側沖合を埋め立てる辺野古沖縮小案を支持する米側は、ヘリコプター駐機場など空港施設の一部をシュワブ沿岸部に建設し、海上の滑走路とつなぐ案などを提示。シュワブ沿岸部への移設を主張する日本側に歩み寄った格好だが、日本側は藻場やサンゴ礁のあるシュワブ南沖の埋め立てには反対し、沿岸部から北東側の大浦湾にかけて代替空港を造る案を示している。
 大野功統防衛庁長官は25日午前の記者会見で「だんだん差は縮まってきている。今日、明日中に意見の差を埋めたい」と述べ、協議が26日までずれ込む可能性を示唆。普天間飛行場の移設先が決まらない場合、外務・防衛担当閣僚による日米安全保障協議委員会(2プラス2)の月内開催にはこだわらない考えを示した。
 これに関連し、審議官級協議の米側代表、ローレス国防副次官は25日午前、東京都内のホテルで講演。在日米軍再編について「(日本政府は)前向きというよりは受け身だった。現在行われている協議が平たんでないのはその結果だ」と日本側の対応の遅れを批判した。
(毎日新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/694-3cbe42c2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。