フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたずら?緊急脱出装置に異常 日航機と全日空機、直前確認では問題なし

日航と全日空のジャンボ機が、緊急時に脱出スライド(滑り台)が作動しない状態のまま、相次いで飛行していたことが二十二日、分かった。いずれも、直前に客室乗務員が異常がないことを確認していた。運航上の危険はないが、いたずらの可能性があり、両社は国土交通省に報告、調査を進めている。
 スライドのスイッチは各ドアにある。運航開始直前に客室乗務員が、緊急時にドアを開けると自動的にスライドが出るようにセットする。その際、乗務員同士で複数回確認する手順になっている。
 日航のケースは八月十日、サイパン発成田行きのジャンボ機で、飛行中に乗客の指摘で確認したところ、左側最前方のドアのスイッチが何者かに操作され、スライドが作動しない状態になっていた。
 全日空は十月十三日、羽田発那覇行きジャンボ機で、離陸直前に客室乗務員が、左側の前から二番目のドアのスイッチがスライドが作動しない状態に切り替わっているのに気づいた。離陸後の再点検で左側最前方ドアのスライドでも異常を発見した。
 両社によると、いずれも手順通り確認してから出発していた。切り替わったスイッチはすぐに戻して運航を続行。到着後にドアを分解して調べたが問題はなかった。
 緊急時にはドアを開放する前に再度確認するマニュアルになっているため、実際にスライドが使用できない状況は起きないという。
(産経新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/685-fe4f520a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。