フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エンジンに異常あった」 小型機不時着の英国人

金沢市の道路建設現場に小型飛行機が不時着した事故で、負傷した操縦士の英国人モーリス・ジョン・カークさん(60)が「エンジンに異常があった」と金沢中署に説明していることが22日、分かった。
 同署は、整備不良などの可能性もあるとみて、航空危険行為処罰法違反などの疑いでカークさんから慎重に事情を聴いている。
 同署は同日午前、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会と合同で現場を実況見分した。
 調べでは、カークさんは21日午後1時5分ごろ、金沢市の上空を北から南に飛行中、不時着。右足首などを負傷して搬送された病院の関係者には「エンジンが燃えた」などと話したという。
 カークさんは「世界一周旅行中」と話しており、新潟空港から広島へ向かう途中だったという。
(共同通信)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/679-eca44294

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。