フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田空港滑走路、3本のうち1本を短期集中工事で閉鎖

20051013-00000204-yom-soci-thum-001.jpg

閉鎖されたB滑走路(手前)わきで始まった工事(羽田空港で、読売ヘリから)

羽田空港に新滑走路を建設する再拡張事業を巡り、国土交通省は13日、現在3本ある滑走路のうち1本を全面閉鎖して誘導路などを建設する集中工事を開始した。

 作業は1日24時間休みなく続け、2か月後の今年12月に完了する。

 空港施設工事は定期便の離着陸が減る夜間作業が一般的だが、2009年の4本目の滑走路完成まで、工期に余裕がなく、国交省では異例の“突貫工事”に踏み切った。

 集中工事では、新滑走路と並行する予定のB滑走路(2500メートル)に着陸した飛行機が、素早く滑走路外に退避するための「高速誘導路」などを新設。南北に2本並行するA、C滑走路とほぼ垂直に交わるB滑走路は、主に強い南風時に使用しており、国交省では、集中工事にあたって南風が弱まる時期を選んだ。

 しかし、B滑走路が終日使用できなくなるため、悪天候時には、日本航空などの一部の航空機が羽田に着陸できなくなるケースも出る。また、B滑走路近くに格納庫がある海上保安庁は、緊急出動ですぐに離陸できないなどの不便もある。

 この日は、午前7時までに滑走路端には、誤着陸防止のために大きな白地の「×」印が付けられ、クイ打ち機などを運び込んで一斉に作業を開始した。施設工事は12月以降も続けられ、高速誘導路の使用開始は来年7月ごろになるという。
(読売新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/635-ebd9e286

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。