フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【マレーシア】来月上旬に国内線減便、航空2社が協調

世界的な原油高騰による燃料費負担増を受け、マレーシア航空(MAS)と格安航空エア・アジアは26日、共同声明を発表し、10月1~15日までの間、搭乗率の低い国内線の便数を削減する方針を示した。11月初めのハリラヤ(イスラム教の断食明け大祭)休暇シーズンに備え、燃料節約を図る。2社が合同で減便に踏み切るのは初めて。

 27日付スターなどによると、声明はMAS親会社のプヌルバンガン・マレーシア(PMB)との連名で出された。対象となる路線、規模などは明らかにされていない。

 声明でPMBのナスション・モハメド最高経営責任者(CEO)兼社長は「2社の決定を歓迎する。原油高に苦しむほかの航空会社も含め、航空業界全体の利益となるだろう」と表明した。

 また、MASのエグゼクティブ・ダイレクター、アズミル・ザルディン氏は「減便は期間限定の措置で、利用者に不便な思いをさせないと信じている」とした。

 一方、エア・アジアのトニー・フェルナンデスCEOは「(2社が歩調を合わせた)決定は歴史的なもの。今回の共同作業が、今後2社の協調路線を後押しすることになれば」と期待を表明した。

 ■ミャンマー航空と共同運航

 また、MASは26日、ミャンマー航空(MyanmarAirwaysInternational)と共同運航(コードシェア)契約を締結した。現在MASが週4便、ミャンマー航空が同3便運航しているクアラルンプール~ヤンゴン便が対象となる。来月30日以降に実施される見通し。

 27日付スターによると、MASは「ヤンゴン便の利用者は昨年、前年に比べ3割近く伸びた。搭乗率も72%と高水準を維持しており、需要増が見込める」としている。
(NNA)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/537-420071b2

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。