フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急着陸、前輪から火花 ロスで米機、けが人なし

【ロサンゼルス=岡田敏一】米格安航空会社、ジェットブルー・エアウェイズのエアバスA320型旅客機(乗客・乗員計百四十五人)が二十一日午後(日本時間二十二日朝)、カリフォルニア州バーバンクのボブホープ空港からニューヨークのケネディ国際空港に向かう途中、前輪の異常に気づき、約三時間、上空を旋回した後、ロサンゼルス国際空港に緊急着陸する騒ぎがあった。
 エアバスは離陸直後、前輪のタイヤが機体に収納されず、横方向に直角に曲がったままの状態になったため、緊急着陸を決定。まずバーバンクの南約五十六キロにあるロングビーチ空港を目指したが、滑走路の長さなどの問題から約三時間、同空港の上空を旋回した後に着陸をあきらめ、ロサンゼルスへ着陸した。着陸時、前輪から火花が出るなどした、AP=が、乗員・乗客にけがはなかった。(産経新聞)

このニュースは昼間テレビでたまたまリアルタイムで見ていたのですが、機長の冷静な判断と、着陸の時の後方車輪の着き方、着陸後、飛行機が停止するまでの操作が大変うまくできていたので前輪が折れずに着陸できたのではないかと思います。これが折れていたらきっと火災がおきていたでしょう。けが人がでないで何よりです。(羅威たん)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/503-c8a9ddfa

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。