フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2500時間から1000時間の飛行経験に緩和

法務省、外国人操縦士受け入れで10月1日から施行

法務省入国管理局は、外国人機長に求める飛行経験の要件について、従来の「2500時間以上」とする条件を「1000時間以上」と大幅に緩和する措置を決め、10月1日から施行する。
 現在、出入国管理及び難民認定法第七条第一項第二号の基準を定める省令第七号の技能の在留資格の中で、航空機に乗り組む機長については、2500時間以上の飛行経験を要件としている。この飛行時間は当時の大型機の機長レべルに合わせていたが、今後は中型機等の操縦士需要も見込まれることなどから、外国人操縦士の受け入れ条件を緩和するもの。今回、省令の一部を改正し、7号中の2500時間を1000時間に改めるというものに改める。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/430-48820c85

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。