フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡空港建設問題:県、早朝“不意打ち”測量 地権者ともみあいも /静岡

◇未買収地立ち入り調査
 静岡空港未買収地の立ち入り調査で県は9日早朝、反対地権者らの抵抗が最も強かった茶畑で“不意打ち”の測量を実施した。地権者側はまだ人が集まっておらず、調査は順調に1時間45分ほどで完了した。一方、定刻に始まった未調査区域では県と地権者らが激しく衝突。現場は大混乱に陥り、調査は最終日の10日へ持ち越しとなった。
 立ち入り調査は、初日の5日を除き午前8時~8時半ごろに始まるのが通例だった。しかし県はこの日、午前5時半に調査員68人態勢で茶畑3カ所の調査に着手。地権者側も午前6時ごろに駆けつけたが、人数が5人と通常の4分の1以下だったこともあり、県の狙い通り目立った混乱なく調査が終わった。
 地権者側はこれを受け、残る未調査区域である「オオタカの森の小屋」がある一帯の山林とその近くの畑2カ所の死守に専念し、約40人が抗議運動を展開。県は午前と午後の2度にわたって調査に入ったが、各所で調査を拒む地権者側とのもみあいとなり、辺りに怒号が響き渡った。警戒中の警察官も再三にわたり警告するなど、緊迫した空気が流れた。
 会見した小松幸雄・現地本部長は「10日中に終わるつもりで頑張りたい」と話した。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/420-2aee954c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。