フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【シンガポール】中国で格安航空、離陸前に頓挫

航空サービスを手がけるエーソニック(A-Sonic)エアロスペースは5日、中国での格安航空設立に向けた中国企業2社との提携を3日付で解消したと発表した。中国政府から航空事業免許を取得できなかった。ただ、今後も別の合弁相手を探し、中国での航空事業参入を目指すとしている。

 エーソニックは1年前、7%出資する航空貨物のエアオーシャン、中国の広東省中国旅行社(Guangdong China Travel Service Holdings、広東中旅)、香港上場の中国信貸集団傘下の中国特速(China Xpress)の3社と提携すると発表。まず旅客・貨物の免許を取得し、実現すれば格安航空を運営する合弁企業を設立する青写真を描いていた。

 5日付ビジネス・タイムズによると、投資額は8,000万元(10億8,580万円)を予定。今年3月までに免許を取得し、9月までにはボーイング737型機、エアバス320型機で運航を始めるとしていた。

 拠点は広東省広州で、エーソニックは合弁会社の航空機の修理や点検、管理、保守を独占的に行う方針だった。

 ■宅配便の拠点13に

 エーソニック、エアオーシャンの2社は、今後も中国での航空会社の所有・運営を目指す方針に変わりはないとしている。

 両社は昨年12月、合弁で宅配便エクスプレス・クーリエ(チャイナ)を設立。梱包やチャーター便など中国内での貨物輸送を手がけており、拠点も13都市まで広げている。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/371-1fe93dee

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。