フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<旅客機墜落>137人遺体収容、16人生存 インドネシア

【メダン(インドネシア・スマトラ島)岩崎日出雄】インドネシアで5日午前10時(日本時間同日正午)ごろ、メダン発ジャカルタ行きの同国マンダラ航空の旅客機ボーイング737―200(乗客・乗員116人)が、メダン空港を離陸直後に近くの住宅地に墜落して大破、多数の周辺家屋などとともに炎上した。AP通信によると、マンダラ航空担当者は1歳半の男児を含む16人が生存していると語った。AFP通信は、巻き添えになった住民も含め地元の2病院に137人の遺体が収容されたと報じた。
 両通信が当局者の話として伝えたところによると、死亡した乗客の中に北スマトラ州知事が含まれている。在ジャカルタの日本大使館によると、日本人の母とインドネシア人の父を持つ日本国籍のワタナベ・ミオちゃん(3)が、インドネシア人の祖父母と一緒に搭乗していた可能性があり、確認を急いでいる。
 墜落原因は明らかになっていない。AFP通信によると、生存者の一人は、機内前方で爆発音があり、出火後に降下し始めたと証言した。
 メダンは北スマトラ州の州都で、人口約190万人のスマトラ島最大の都市。昨年のインド洋大津波の際は、最大の被災地アチェ州への救援活動の拠点となった。
(毎日新聞) - 9月5日22時52分
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/364-bf24b5da

コメント

飛行機事故のとき『邦人の名前はなし』というニュースで終わってしまうのはなぜでしょうか。それでいいのか。
飛行機事故で一番悲しいのはそのことです。
コメントありがとうございます。私も記事を見ながら同じことを思います。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。