フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸空港管理事務所を開設 開港準備着々

来年二月十六日に開港する神戸空港(愛称・マリンエア)の現地拠点となる管理事務所が二日午前オープンし、報道関係者らに披露された。十七人の市職員が空港施設の点検など、これから開港に向けて大詰めを迎える準備作業にあたる。

 事務所棟に表札がかけられた後、開所式が行われ、一日付で新ポストについた松浦厚所長が「白いキャンバスに絵を描く晴れ晴れとした気持ちと共に、重大な責任を感じる。安全を第一に空港の発展に努めたい」とあいさつした。

 管理事務所は鉄骨平屋建て約四百平方メートル。事務室や警備管理室のほか、開港後は空港施設での環境への取り組みを市民に発信する「エコリサーチセンター」を設ける。

 当初、管理事務所はターミナルビル内に計画されていたが、就航する航空三社が予想を上回る規模でオフィスなどのスペースを希望したため、同市は急きょ、ターミナルビルの東側に別棟を建設した。

 空港整備事業は二百七十二ヘクタールのうち86%が陸地化。滑走路、駐機場(エプロン)などの基本施設が既に完成。十月には国交省が管理する管制塔が開所。開港への秒読みを迎える。
00034417sg200510021401.jpg

管理事務所前で小柴善博みなと総局長(右)から表札を受け取る松浦厚事務所長。向こうは工事中のターミナルビル=2日午前、神戸空港島
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/336-9368504c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。