フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日空:徳島空港午後1時発→中部国際空港、午前9時25分に変更 /徳島

◇11月から
 今年2月に開港した中部国際空港と徳島空港を結ぶ航空路線を運航中の全日本空輸は、今年11月のダイヤ改正で、現在の午後1時に徳島空港を出発している便を午前9時25分発に変更することなどを決め、29日に同社幹部が飯泉嘉門知事らに伝えた。日帰り出張の可能性が増大するほか、接続可能な国際線も増加する見通し。2月まで名古屋便を運航していた同社のグループ会社が午前9時台の出発便を設定していたため、県議会などでもダイヤ見直しを求める声が上がっていた。
 篠辺修・営業推進副本部長(執行役員)ら全日空関係者4人が県庁を訪れ、知事らに説明した。篠辺副本部長は、利用率が60%台と好調に推移している現状を報告したうえで、「内部調整の結果、趣旨に合う変更が可能になった」と述べた。
 新ダイヤは、徳島発便が午前9時25分発(中部国際着午前10時20分)と午後7時25分発(同午後8時20分)で、中部国際発便が午前8時発(徳島着午前9時)と午後6時発(同午後7時)。
 中部国際は国内線と国際線の乗り継ぎが便利な点が長所だが、現在徳島から到着する最も早い便は午後2時で、長所を十分に生かせていないダイヤだった。徳島空港を朝出発する便が設定されることで、乗り継ぎ便の組み合わせも増え、利便性が向上しそうだ。(毎日新聞)
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/319-d1675961

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。