フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

航空事故多発の8月、機体の損害賠償額は2百億円超と

ロンドン──民間の航空機4機が8月中旬までに、世界各地で墜落や滑走路逸脱・炎上事故を起こしたことを受け、リスク管理・再保険仲介大手のエーオンは23日までに、航空保険における機体などの損害賠償額が同月だけで1億8200万ドル(約200億円)に達するとの予測を発表した。

この発表後、ペルー北東部のジャングルで23日午後、乗客乗員100人を乗せた同国タンス航空機が墜落。多数の死傷者が出ており、損害額はさらに拡大する見通し。

損害額の大部分を占めるのが、今月2日にカナダ・トロントのピアソン国際空港で滑走路を逸脱して着陸し炎上した、エールフランス358便エアバスA340型機。機体だけで1億3600万ドル(約150億円)の保険がかかっていた。

このほか、14日にはギリシャ・アテネ近郊でキプロスのヘリオス航空522便ボーイング737機が、16日にはコロンビア・ウエスト・カリビアン航空MD─82型機が南米ベネズエラ西部の森林地帯で、それぞれ墜落した。

イタリア南部シチリア島では6日、チュニス航空のプロペラプロペラ旅客機ATR72が地中海に不時着する事故も起きている。

エーオンはこの一方で、8月は航空機事故が多発しているが、今年の事故件数と損害額は、年平均では過去3年間とほぼ同水準のペースと指摘している。 - CNN/REUTERS

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/260-31e109b3

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。