フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急着陸で11人負傷=発煙警告作動、乗客降ろす-成田発カンタス航空機

やはり誤作動の可能性が高かったようです・・・

20日深夜、成田発オーストラリア・パース行きカンタス航空70便(乗員乗客204人)が海上を飛行中、貨物室で出火の疑いがあるとして、関西空港に緊急着陸を要請した。同機は21日午前零時50分ごろ、着陸し、シューターで乗客を降ろした。大阪府泉佐野市消防本部によると、負傷者が11人いるが、機体が燃えているような状況はないという。
同本部によると、11人のうち6人の女性を病院に搬送し、うち1人に骨折の疑いがある。6人のうち4人は日本人という。
国土交通省関西空港事務所が調べたところ、出火の形跡はなく、発煙警告灯の故障の可能性があるとみられる。(Yahoo!ニュース-時事通信)


ところで、動画ニュースでは特に着陸自体は普通の着陸のように見えたわけで、当然そこまでは怪我をした人はいなかったのだと思うのですが、「脱出の際に骨折」と書いてあります。緊急脱出の際の姿勢はビデオでも流れるので、言葉が分からなくても、映像さえ見ていれば分かるはずですが…。

負傷した方に失礼なのを承知であえて書くと、「滅多に起きるものじゃないから大丈夫」とか考えていたのではないかと…(もちろん、「JAL(JAL/JL/ジャパンエア・ジェイバード)じゃないから大丈夫と思っていた」なんてのは論外ですよ)。ほとんど日本人乗客ばかりで、しかも乗客数も多かった(乳幼児までいた)ノースウエスト航空(NWA/NW/ノースウエスト)の事故でも、(おそらく慌てていたため)他の人にぶつかったための軽傷で済んでいるわけで、恐らくは脱出シューターでの姿勢が正しくないために転がり落ちるような状態になってしまったのでは?動画ニュースを見ると、何だか一番下で転がった状態の人がいたようなので…。

緊急脱出についての説明は、十分に役に立ちます。エールフランス(AFR/AF/エアフランス)の事故で重傷者さえ出なかったことがその証明と言っても差し支えないでしょう。どの航空会社でも、緊急脱出をすることになる可能性はあるのですから、万が一のときに備えた心構えはしておきたいですし、セーフティデモも、せめて映像くらいはしっかり見ておきたいものです。
200508214545.jpg

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/124-706709a1

コメント

こんばんは^^いろいろ読ませていただきました。
なかなか普段拝見できないニュースなのですごく興味をもちました
これからも続けてくださいね^^楽しみにしています

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。