フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作られるのか?ブラックリスト

ベネズエラで16日に旅客機が墜落し、乗客・乗員160人が死亡するなど、今月に入って航空機事故が多発していることをうけ、欧州連合(EU)は、危ない航空会社を載せた「ブラックリスト」の作成を急ぐことを決めた。インターネットで一般に公開するとしている。

 EU欧州委員会によると、まず安全上の理由で当局から運航の禁止や制限を受けたことがある航空会社について、EU加盟25カ国が情報を共有する。欧州委は、ブラックリストに載せる航空会社を選ぶ基準を早急につくり、加盟国と欧州議会に諮る。

 欧州委のバロー副委員長(運輸担当)は17日、「年内にはブラックリストをネット上で公開したい」と述べた。

 米国では、国際民間航空機関(ICAO)の基準に従い、航空機の安全に問題がある国を連邦航空局(FAA)が公表している。バングラデシュやブルガリア、ウクライナ、セルビア・モンテネグロ、アフリカや中南米などの計26カ国が指定され、米国への乗り入れや増便の禁止、監視強化などの措置を受けている。

 欧州では04年1月、紅海で墜落事故を起こしたエジプトのフラッシュ航空が、スイス当局から「安全基準を満たしていない」とスイスへの乗り入れを禁止されていたことが判明して以来、航空会社の安全情報を共有する取り組みが本格化した。英国はフラッシュ航空など7航空会社を3年間の乗り入れ禁止にして、社名を公表した。

 ただEU全体としてのブラックリストの作成は、安全への取り組みが加盟国でばらばらなことなどから、具体化には時間がかかるとの見方も強い。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/121-769c6115

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。