フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田-上海シャトル便 10月8日前後に就航 日航、全日空1往復ずつ

北京=福島香織】中国を訪問中の冬柴鉄三国土交通相は25日、北京で楊国慶・民航総局副局長と会談し、日中国交正常化35周年に合わせ、羽田空港と上海の虹橋国際空港をチャーター便で結ぶ「日中シャトル便」を10月8日前後に就航させることで合意した。

 両国の航空会社がそれぞれ毎日2便ずつ計4往復を運航。日本側は日本航空と全日本空輸がそれぞれ1日1往復を就航させる。発着時間は利用者の多い昼時間帯とする。東京都心と、上海市中心部間の所要時間は、現行の成田-上海・浦東国際空港間の便に比べ2時間以上短縮され、最短で4時間半となる見込みで、ビジネスや観光の利便性が大きく向上する。

 日中シャトル便構想は昨秋の安倍晋三首相の訪中時に浮上。今年4月に行われた安倍首相と温家宝首相の首脳会談で基本合意し、便数、時間帯など詰めの協議を続けていた。

 国交35周年記念日の9月29日前の就航には、虹橋空港の受け入れ態勢が整わず、国慶節(建国記念日)連休明けにずれこんだが、冬柴国交相は記者会見で「国慶節に近接した時期の実現に向けて双方が努力する運びになったことは喜びにたえない」と述べた。25日の協議では、来年8月の北京五輪開催期間中の羽田-北京間の臨時チャーター便実現に向け、双方が努力することでも合意した。

 羽田空港では、韓国の金浦空港(ソウル)との間で1日8往復のシャトル便も運航されており、羽田-上海路線の開通に伴い、日中韓3カ国間のビジネスや観光に弾みがつく。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/1100-ae7ea56e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。