フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジン検査間隔空きすぎ…金属片落下で調査結果

日本航空の子会社「JALウェイズ」のDC10型機が昨年8月12日、福岡空港を離陸直後にエンジンの異常燃焼が発生、大量の金属片が落下したトラブルで、国土交通省は10日、「エンジンの検査間隔が空きすぎていた」として、米エンジンメーカーの指示が不適切だったとする調査結果を公表した。

 国交省は同日、日航に対し同型エンジンの検査間隔を短縮するよう指示した。

 トラブルがあったのは、米プラット・アンド・ホイットニー社製の「JT9D型」エンジン。同社は、エンジンの定期検査を2500時間に1回行うよう指示していたが、今回のトラブルは、前回検査から2292時間後に起きていた。

 国交省によると、エンジン内のタービンの羽根(ブレード)の先端が、エンジンが吸い込んだ小さな粒子で削られて穴が空き、内部の冷却空気が循環しなくなって強度が低下。離陸時にエンジンを全開にした際、高熱と負荷で一気に破壊したと推定される。吸い込んだ粒子は火山灰などが考えられるが特定はできなかった。

 日航では、トラブルの起きた昨年8月以降、検査間隔を1250時間ごとに短縮。2月からは、1000時間に1回に、さらに短縮した。

 トラブルは昨年8月12日、日航ジャンボ機墜落事故からちょうど20年後に発生。乗員乗客にけがはなかったが、落下した金属片で2人が軽傷を負った。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/1043-5c1ca072

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。