フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイクオフ神戸:2・16 開港に向け準備着々 三宮HATENAがオープン /兵庫

◇大スクリーンやオブジェも登場
 16日の神戸空港開港に向け、神戸・三宮には、観光情報を提供する三宮インフォメーションギャラリー「三宮HATENA」がオープンし、カウントダウン表示巨大スクリーンや飛行機のオブジェが登場するなど、着々と観光客の受け入れ態勢を整えている。
 三宮HATENAは、三宮商店街や大型店舗が協力して設置した。ガラス張りの外観は「?」マークをデザインしており、インフォメーションスタッフ2、3人が常駐して、観光マップや主要観光施設パンフレットの配布のほか、店舗情報やイベント情報などの観光情報を提供する。
 5月には、周辺3カ所にタッチパネル式の映像情報システムを設置し、店舗情報を案内するほか、テレビ電話によるインフォメーション提供を行う予定。ギャラリー運営委員会は「神戸を訪れる人が安心して満足いただけるおもてなしの場を目指したい」としている。
 三宮商店街のカウントダウン表示巨大スクリーンは縦約3メートル、横約5メートル。開港までの日数を表示して、「まち、人、飛び立つ神戸空港」の文字とともに、飛行機が飛び立つ動画が10秒間流れる仕組みになっている。
 東通商店街に設置された飛行機のオブジェ(全長約2メートル)は、発泡スチロール製で「神戸デザイナー学院」の学生が作った。機体には「KOBE」の文字が書かれており、開港ムードを盛り上げている。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/1029-09913dde

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。