フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸空港展望デッキで無料観光案内 NPOのボランティア

00047875sg200603061401.jpg

神戸市内で観光客の案内役を務めるNPO法人「KOBE観光ガイドボランティア」が、市街地や瀬戸内海の眺望が楽しめる神戸空港旅客ターミナルビル屋上からの無料観光ガイドを計画している。十六日の開港後に試験実施し、四月には本格的にスタートさせたい考え。メンバーらは「空港でのガイドは全国でも初めてでは」と新規事業に意気込んでいる。(高田康夫)

 同団体は二〇〇一年十月に発足。二十―八十代の七十人が、トレードマークの黄色い帽子をかぶり、JR三ノ宮駅前と北野の異人館街で、道案内や同行ガイドのボランティアをしている。

 空港の開港で観光客の増加が期待されるため、新たな玄関となる同ビル屋上で、展望を楽しみながら神戸の観光スポットを紹介する計画を立てた。展望デッキからは、市街地のほか明石海峡大橋や、戦時中に兵器庫があった友ケ島(和歌山県)などが見えるが、メンバーが案内したことのない場所も多く、空港施設を含めた勉強会を開く予定という。

 十六、十八、十九日には、メンバーが展望デッキで客に声を掛けて希望をつかみ、ガイド方法などを検討する。事務局の山根晃二さん(63)は「市内の小中学校も教育の一環として見学に訪れるなど需要はあるはず。下降気味の神戸の観光客が増える契機になれば」と話している。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/1014-6a8b8ec1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。