フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JALの4─12月期は230億円の最終赤字、国際4路線を運休へ

[東京 6日 ロイター] 日本航空(JAL)<9205.T>が6日に発表した2005年4─12月期連結決算は、最終損益が230億円の赤字(前年同期は792億円の黒字)に転落した。燃油費の高止まりが引き続き収益を圧迫したほか、ゴルフ場の減損損失や機材調達関連の収入が大幅に減ったことなども響いた。
 営業損益は8億円の赤字(前年同期は830億円の黒字)となった。国内旅客は250億円程度の黒字を確保したものの、国際旅客は300億円程度の赤字、国際貨物も数十億円程度の赤字に陥った。
 燃油費は前年同期比664億円増加し2840億円となった。
 一方、売上高は前年同期比3.6%増の1兆6692億円に拡大した。このうち、国際旅客は同3.1%増の5282億円、国内旅客は同1.4%減の5042億円、国際貨物は同4.6%増の1386億円だった。国際旅客と国際貨物は需要の落ち込みを単価の上昇で吸収。一方、国内旅客は一連の運行トラブルを主因に個人旅客が伸び悩んだことなどが足を引っ張った。
 2006年3月期業績予想は、前回予想を据え置いた。
 <関空・ロス便など国際4路線を運休へ>
 日本航空は6日、関西国際空港とロサンゼルスなどを結ぶ国際定期航空4路線を運休すると発表した。相次ぐ運行トラブルや原油高の影響で収益が悪化していることから、不採算路線を見直すことで国際線の黒字化を目指す。
 運休するのは、関西=ロサンゼルス、成田─ラスベガス―ロサンゼルス―成田、広島=ソウル、小松=ソウルの4路線。3月24日以降、順次運休する。
 このほか、成田=ロンドンを週14便から7便に、成田=バンコクを週21便から14便に、それぞれ減便することも決めた。
 一方、成田=シカゴは週10便から14便に、成田=台北は週21便から28便に、それぞれ増便する。
 会見した安嶋新・経営企画室部長は国際路客便の合理化で、2006年度に80億円のコスト削減効果を見込んでいることを明らかにした。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://skyblueblue.blog20.fc2.com/tb.php/1011-fab4988b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。