フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庄内-札幌便の運航再開 搭乗率低ければ休止

今年から7-8月に運航期間が短縮され、この期間の搭乗率が70%を下回れば休止とされている庄内空港発着の全日空の庄内-札幌便の運航が1日、始まった。同空港2階出発ロビーで再開セレモニーが行われ、関係者が同便の存続に向けて一層の利用促進を誓った。

 セレモニーは、庄内地方の各自治体などで組織する庄内空港利用振興協議会(会長・富塚陽一鶴岡市長)が主催。富塚会長、全日空庄内支店の渡辺菊男支店長が「存続に向け、不退転の気持ちで頑張っていきたい」などとあいさつした後、関係者9人でくす玉を割って再開を祝った。

 166人乗りの庄内-札幌便は1日1往復で、この日の搭乗率は56.3%。札幌からは37.3%で、庄内からは75.3%だった。

 1995年6月に就航した札幌便は、2006年の搭乗率が28.9%と過去最低になるなど低迷が続き、全日空は搭乗率が改善されない場合、08年度から休止する方針を示している。同協議会は今年4月から、広報車による街頭宣伝や北海道の写真パネルの巡回展などのキャンペーンを展開し、利用拡大を図っている。
img20070701_000701.jpg
くす玉を割って庄内―札幌便の運航再開を祝う関係者=酒田市・庄内空港


スポンサーサイト

全日空:沖縄便を廃止 /大分

全日空(ANA)の大分―沖縄線が30日限りで廃止となった。大分空港からの唯一の沖縄便。85年11月に週3便で就航、98年11月に一日1便になった。01年度以降、搭乗率は50%前後で、05年度は45・7%(利用客約5万5000人)で採算ラインを割った。定員166人に対し30日は正午大分発の便は乗客29人、午後2時40分那覇発の便は163人だった。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。