FC2ブログ

フリースペース

現在ブログランキングに参加中です。よろしければクリックしてください。励みになります○┓ペコ
↓★Photo★↓ ★画像をクリックすると拡大します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省が事故調を増強へ 調査官増やし、ヘリ使用も

国土交通省は、航空・鉄道事故調査委員会の体制を大幅に強化するため、来年度予算の概算要求に定員増に向けた関連費用を盛り込んだ。調査官を計15人増やし、多角的に事故原因究明に取り組む。また、事故現場への到着を早めるため、ヘリコプターを利用することも決めた。

 現在の定員は、航空事故調査官22人、鉄道事故調査官7人。同省は航空を3人、鉄道を12人増やし、それぞれ25人と19人体制にする。鉄道事故調査官は2班に分け、複数の事故調査を同時に進められるようにする。

 これまでの調査は、直接の事故原因が中心だった。人員増によって、操縦士や運転士の人的ミスや、乗客の生死を分けた要因(サバイバルファクター)、機体や車両の材質などの影響も詳しく調べることができるとしている。

 また、調査活動の支援や調査官の研修を企画・立案する「企画調整課」も新設する。

 国交省は「航空、鉄道ともに事故が相次いでおり、原因究明には増員が必要」としている。

 新潟県中越地震での上越新幹線脱線事故や、土佐くろしお鉄道衝突事故の際、調査官の現地入りに時間がかかった。到着が早ければ、事故直後の様子を把握でき、原因調査に役立つとして、ヘリコプターの利用を検討。使用料5000万円を初めて概算要求に盛り込んだ。
(朝日新聞)
スポンサーサイト

事故調査官の大幅増員要求=JR脱線、航空トラブル受け-国交省

JR福知山線脱線事故や相次ぐ航空トラブルを受け、国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は1日、同省の2006年度予算の概算要求に事故調査官ら25人の増員を盛り込んだことを明らかにした。脱線事故の調査に当面必要な経費として、6600万円も要求した。
 事故調によると、鉄道事故の調査官は現在、首席以下7人。脱線事故で多大な負担が掛かっていることから12人を増員、次席を従来の1人から2人にして2グループ編成とする。
 航空事故の調査官も3人増やして25人体制とし、続発するトラブルに対応。福岡空港離陸後に起きたJALウェイズ機の金属片落下事故など、従来は対象外とされたケースの調査も検討する。 

南方航空、新北九州空港への定期便就航を表明

上海線が有力?開港時からの乗り入れ目指す

中国南方航空(CSN)総経理の司献民氏が来年3月開港予定の新北九州空港への定期便乗り入れを表明した。これは中国路線開設を目的としたトップセールスで、北九州市長末吉興一氏と福岡県副知事武居丈二氏が広州のCSN本社へ訪問した際に司氏が言及したもの。協議には同航空日本支社長の譚作成氏も同席した。

米ボーイング

米ボーイング、新たな3年間の労働協約案を提示するも、同社最大の労働組合の指導者らは「侮辱」と一蹴、10年ぶりのストを組合員に呼び掛け。(ロイター)

米航空製造大手ボーイング

米航空製造大手ボーイング、同社の機械工労組に対し、新労働協約の「最終的な」条件を提示。組合幹部は組合員に対し、同案の拒否を勧告へ。

ANA、国際線「eチケット」利用が9月末までにスターアライアンス加盟会社11社に拡大

ANA国際線「eチケット」が、ますます便利に!

スターアライアンス加盟会社11社で利用可能に

~本日発券分よりシンガポール航空運航便に拡大、9月末までに11社体制に~


 ANAの国際線「eチケット」は、現在、ANA自社運航の国際線およびユナイテッド航空、エア・カナダ、ニュージーランド航空、アシアナ航空、タイ国際航空、オーストリア航空、LOTポーランド航空の7社の運航便でご利用頂いております。この度、本日(8月31日)発券分より、シンガポール航空(コードシェア便を含む)、ブリティッシュミッドランド航空の運航便、続いて9月末(予定)までに、ルフトハンザドイツ航空、ヴァリグ・ブラジル航空と順次接続を拡大し、スターアライアンス加盟航空会社11社の運航便で「eチケット」のご利用が可能になります。

 これにより、日本と米州・欧州・アジア地区間のみならず、さらに先の接続旅程まで「eチケット」をご利用頂けることになります。このような多数の航空会社との接続旅程も含めた「eチケット」サービスの導入は、日系航空会社では初めてとなります。さらに、ANAでは、スターアライアンス加盟航空会社に引き続き、それ以外の大手航空会社とも積極的に「eチケット」接続の提携を拡大する予定です。

 各航空会社の「eチケット」の取り扱いルールは一部で異なっていますが、スターアライアンスでは加盟航空会社内で取り扱いルールを標準化し、開発にかかる時間等を大幅に削減することにより、お客様に対するサービスの早期拡充が可能となりました。今後、スターアライアンスが進めている世界的なプロジェクトへの参加を通じて、一枚の「eチケット」で世界中をカバーするスターアライアンスのネットワークをご利用頂けるようになります。

 また、現在ANAでは、ANAマイレージクラブ会員を対象に2005年9月30日搭乗分まで、「eチケットボーナスマイルキャンペーン」を実施しております。ANA国際線の「eチケット」をANASKY WEB(http://www.ana.co.jp/asw/index.jsp)、ANA予約案内センター、または旅行会社(※1)にて購入・搭乗頂きましたお客様に、ご利用運賃に応じて最大1,000マイルのボーナスマイルを差し上げております。

 ANAでは今後とも積極的にお客様の出張、旅行にITを活かしたサービスを提案して参ります。是非この機会に、簡単・便利、そしてお得なANAの「eチケット」サービスをご利用下さい。なお、「eチケット」の詳細につきましてはANA SKY WEBをご参照下さい。

大阪空港の増便を批判=規制の「趣旨に反する」―関空社長

*関西国際空港の村山敦社長は31日の記者会見で、日本航空http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9205と全日本空輸http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9202が今夏、大阪国際空港発着の臨時便を大幅に増発したことについて、「こういう尻抜けは(大阪空港規制の)趣旨に反する」と述べ、両社を厳しく批判した。 (時事通信)

新北九州空港 中国南方航空 来春就航へ 上海便が有力

北九州市は三十一日、来年三月の新北九州空港開港時から、中国南方航空(中国・広州)が国際便を就航する方針を示したと発表した。国内便の乗り入れ表明が相次いでいるのに加え、国際便の就航で、同市は「新空港の利便性がさらに高まる」と歓迎している。

 同市新空港開港準備室によると、末吉興一市長らが同日、中国南方航空本社を訪問。司献民・総経理が、日中間の航空交渉で新北九州空港が乗り入れ地点に指定されれば定期便を就航し、そうでない場合も「開港時から連続的にチャーター便を就航する」と表明したという。

 また、司総経理は「開港日に新空港を訪れる」と語ったという。中国のどの都市と結ぶかについて具体的な言及はなかったが、需要の多い上海便が有力とみられる。

 現北九州空港では、国際チャーター便が二〇〇四年度に計二十七便運航し、そのうち十四便が上海向けだった。チャーター便は観光客中心だが「運航実績を増やすことで、ビジネス客の需要も見込める」(同準備室)としている。

 新北九州空港の国内便は、新規航空会社のスターフライヤー(北九州市)やスカイマークエアラインズなどが羽田空港との間に計二十往復する予定。

 このほか日本航空(JAL)グループが名古屋(小牧)空港と三往復し、佐川急便系の新規航空会社も貨物専用便を就航する予定。

海外旅行予約サイトのタビニが解散、9.11やSARSで市場低迷の影響

タビニは29日、8月31日付で営業を停止し、会社を解散すると発表した。すでにサイトを閉鎖し、新規予約受付を停止。これまで予約した内容を確認する「マイページ」の閲覧も不可能だが、すでに支払を完了した航空券や旅行商品は利用できる。ただし、予約したが支払を完了していない航空券などの扱いについては、「今後サイトを通じてアナウンスする」という。

 タビニは、日本航空や全日本空輸、ノースウエスト航空などの航空各社が出資するタビニ・ホールディングスとオンライントラベルサイトの米Travelocityなどが出資した海外旅行専門サイト。2001年6月に設立され、2002年3月からWebサイト上での営業を開始していた。

 タビニでは「オンラインの国内旅行市場は拡大しているが、タビニのターゲットである海外旅行市場に関しては、2001年9月の米同時多発テロや2002年から2003年にかけてアジアで被害を拡大したSARSの影響もあって、市場拡大の伸びが当初の予想とは乖離してしまった」とコメント。そうした状況下にあって「株主側もこれ以上の投資は続けられないと判断したのではないか」という。

 なお、会社の解散は31日の臨時株主総会で正式に決議する。また、タビニのカスタマーサポートセンターは会社解散後も当面存続する予定。メール( support@tabini.com )もしくは電話(03-5767-7700)で受け付ける。受付時間は土曜日曜・祝日を除く平日10時から18時まで。

関連情報

■URL

  タビニ

  http://www.tabini.com/

全日空:徳島空港午後1時発→中部国際空港、午前9時25分に変更 /徳島

◇11月から
 今年2月に開港した中部国際空港と徳島空港を結ぶ航空路線を運航中の全日本空輸は、今年11月のダイヤ改正で、現在の午後1時に徳島空港を出発している便を午前9時25分発に変更することなどを決め、29日に同社幹部が飯泉嘉門知事らに伝えた。日帰り出張の可能性が増大するほか、接続可能な国際線も増加する見通し。2月まで名古屋便を運航していた同社のグループ会社が午前9時台の出発便を設定していたため、県議会などでもダイヤ見直しを求める声が上がっていた。
 篠辺修・営業推進副本部長(執行役員)ら全日空関係者4人が県庁を訪れ、知事らに説明した。篠辺副本部長は、利用率が60%台と好調に推移している現状を報告したうえで、「内部調整の結果、趣旨に合う変更が可能になった」と述べた。
 新ダイヤは、徳島発便が午前9時25分発(中部国際着午前10時20分)と午後7時25分発(同午後8時20分)で、中部国際発便が午前8時発(徳島着午前9時)と午後6時発(同午後7時)。
 中部国際は国内線と国際線の乗り継ぎが便利な点が長所だが、現在徳島から到着する最も早い便は午後2時で、長所を十分に生かせていないダイヤだった。徳島空港を朝出発する便が設定されることで、乗り継ぎ便の組み合わせも増え、利便性が向上しそうだ。(毎日新聞)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。